泰国三级网站

    1. <form id=MkuTFRzpK><nobr id=MkuTFRzpK></nobr></form>
      <address id=MkuTFRzpK><nobr id=MkuTFRzpK><nobr id=MkuTFRzpK></nobr></nobr></address>

       

      入試シーズン 各國の大學入試を體験する受験生たち

       

      中國の大學受験生:人生の新ステップ、生活は平凡だが充実

      遼寧省本渓市出身の麻國煜さんは、1カ月ほど前に人生で最も重要な試験である大學入試を終えた。麻國煜さんを含む中國の940萬人の受験生は同じような経験をし、似たような憧れを抱いている。「大學生という立場を利用して奉仕活動やボランティア活動をしたいです。天主教を信仰している友人がおり、自分自身も仏教に対する知識を深め、文化と宗教は面白いと感じました。普段、インターネットで寺の修復や僧侶の外國語教育などの活動の參加者募集欄を見ますが、高校生である自分には參加資格がありません。」彼はこのほど、中國網のインタビューに応じ、高校生活と未來に対する期待について語った… 全文へ



      中國人留學生?周林萱さんの日本での大學入試體験

      湖南省嶽陽出身の周林萱さんは今年1月、「日本留學試験」と日本の大學試験に見事合格し、広島大學法學部一年に在籍する唯一の中國人學部生となった。周さんが日本の大學に行くことを決めたのは、2014年の夏休みに家族と行った北海道と東京への旅行がきっかけだった。日本の魅力を身をもって感じた周さんは、日本が、生活にも學習にも向いている國だと確信した。また親族のうち4人が日本で留學したことがあったのも、自分も留學生活を體験したいと考え、この道に踏み切る理由となった… 全文へ



      中國系ドイツ人、中國と異なる大學受験を迎える

      メリーさんは中國系ドイツ人だ。彼女はドイツ生まれで、7歳の時に北京の小學校に通い、13歳に再び帰國し中學校に通った。彼女は今年、ドイツの大學進學を決める卒業試験「アビトゥーア」を受験した。この試験に合格すれば、卒業生は大學進學を申請できる。しかしメリーさんは中國網のインタビューを受けた際に、彼女の受験はまだまだ終わりではないと話した。「ドイツの中學までの學習內容は難しくなく、中國と比べれば簡単だ。しかし國語は私にとって難しかった。ドイツ生まれだが、私は文法などの知識を學んだことがなかった。ドイツ語ができなければ、歴史のような授業は聞き取りにくい」… 全文へ



      スペイン人留學生、中國の大學受験に関する新制度について語る

      スペイン出身のマリアさんは中國文化をこよなく愛する大學4年生で、、中國の教育體制についても理解している。彼女は大學受験當時を振り返り、感慨深げだ。彼女は中國網のインタビューに応じ、スペインの大學受験の印象、スペインと中國の受験の相違點について話した。また一人のスペイン人として、近年の中國の大學受験に関する各種新制度について意見を語った。「入試のカンニングで懲役7年とは、私にとっては殘酷すぎるように思える。大學入試は非常に厳かで重要な試験で、カンニングは大きな過ちだ。試験官も試験で重要な役割を演じ、カンニングを阻止しなければならない」… 全文へ



      韓國で學ぶ中國人留學生 夢のために努力する青春

      皆さんこんにちは、楊爽です。黒竜江省ハルビン出身の東北娘です。2011年9月から2015年7月まで北京第二外國語學院朝鮮語學科(韓國語學科)で學び、卒業後、韓國政府の奨學金を得て韓國に公費留學し、修士課程で學んでいます。2015年9月から、梨花女子大學一般大學院教育學學科に在籍し、教育心理學を研究しています。韓國に來てからいつの間にか1年が経ちました。この1年でさまざまなことを感じました。來たばかりの頃は、この國の空気の良さに驚き、至る所に樹木があるのに感嘆し、町中にゴミ箱が少ないのをいぶかしみもしました… 全文へ



      ロシアの大學入試受験生、「アジアに興味がある」

      ロシアの統一国家試験(Unified State Exam)は、中等教育機関内で行われる全国統一試験だ。これはロシアの高校卒業試験であり、大学入試でもある。毎年6月に行われ、すべての科目に受験日が設定される。科目には国語、数学、外国語(英語、フランス語、ドイツ語、スペイン語)、物理、化学、生物、地理、文学、歴史、社会学、情報学がある。うち国語と数学は必修科目で、その他は自主的に選択できる。満点は各科目100点。。アジアの言語が好きなので、東洋学?アフリカ学専攻に出願している」… 全文へ



      スーダンの大學受験生モハメドさん:醫學を學んで人を救いたい

      はるか遠くのアフリカ大陸でも中国と同様、学生らが大学統一入試の洗礼を受け、大学の採用通知が来るのを待ち望んでいる。スーダンハルツーム州のアレブダ(Alebda)高校に通う18歳の男子生徒、モハメド?ヤシール?ガラル(Mohamed yassir galal)さんも、スーダンで今年、大学統一入試を受けた一人だ。700点満点の試験で、モハメドさんは616点の好成績を得た。良い大学に入るには十分の成績だが、モハメドさんはこの点数に満足していないという。スーダンの大学統一入試は期間が長く、25日にわたって続く。受験生は、7つの必修科目と3つの選択科目の試験に参加する…

      全文へ



      HoMEmenuCopyrights 2015.All rights reserved.More welcome - Collect from power by english Blok number sss85786789633111 Copyright