泰国三级网站

    1. <form id=MkuTFRzpK><nobr id=MkuTFRzpK></nobr></form>
      <address id=MkuTFRzpK><nobr id=MkuTFRzpK><nobr id=MkuTFRzpK></nobr></nobr></address>

      日本の中國に対する姿勢、時代と共に更新すべき

      日本の中國に対する姿勢、時代と共に更新すべき。このような大きな背景と大きな流れを整理すると、日本の中國に対する姿勢は明晰かつ明瞭にすることが可能であり、これほど複雑である必要はなく、あれこれ考える必要もない…

      タグ:日米同盟 軍事 優越感 心理

      発信時間:2021-05-13 10:05:08 | チャイナネット | 編集者にメールを送る

       日本は最近、中日関係の維持?改善?推進により新時代を切り開く善意を変え、両國関係がすでに正常化の段階に入り、北東アジア地域協力の共同促進の新たな段階に入ったことによるメリットを顧みず、歐米などの一部の西側諸國とコロナ禍及びコロナ後の「中國の脅威」の喧伝を続けている。米日の「2プラス2」會談は中國を名指しし矛先を向け、日米首脳會談の共同聲明は52年ぶりに台灣に言及した。日英「2プラス2」は中國対応とインド太平洋事業で協力し、ロンドンのG7では中國の人権を大げさに誇張した。日本は歐米に合わせ暗に、もしくは公然と中國に「強硬な動き」を見せている。さらに日本は昨日従來通り、台灣が今月末のWHO総會にオブザーバー參加することを支持すると表明した。これは日本の中國に対する姿勢が、中日國交正常化以降の地理的な隣人、友好交流、経済貿易パートナー、協議の対象から、地政學的ライバル、けん制の対象、最大の脅威、世界のリスクに変わり始めていることを意味する。これには內政及び外交の動きに基づき中國と駆け引きをする日本の目論見があるが、それよりも中國に対する姿勢が時代と共に更新されず、中國に強硬姿勢を示す時代の落とし穴にはまったことが反映されている。(筆者?笪志剛黒竜江省社會科學院北東アジア研究所所長?研究員、北東アジア戦略研究院首席専門家)


       (一)日本の中國に対する姿勢には終始、名狀しがたい優越感が漂っている。これは日本がアジアで真っ先に産業化を実現し、西側列強の仲間入りを果たした明治維新の頃の中國への姿勢からも伺える。「産業の日本、農業の中國。海洋の日本、陸地の中國」日本は長年に渡りアジア経済のリーダーを自負してきた。隣人を工業品のダンピング先、資源入手先、原材料の略奪先、市場開発先とする利己的な目で中國と交流してきた。これは日本の中國に対する姿勢の侵略的で野蠻な性質を決めている。中國が抗戦で勝利を収め、日本が敗戦の苦しみを味わい、中國の総合的な実力が大幅に向上し、國際的な地位が以前との比ではなくなっても、日本が長期的に形成した中國への優越感が崩れていない。心理的に中國の台頭を平然と受け入れられず、中國に対する姿勢も終始、時代と共に更新できずにいる。


       (二)日本の中國に対する姿勢には終始、右顧左眄の両面性がある。両面の価値により、日本の中國への姿勢は長期的に中國から金儲けをしつつ、警戒しけん制するという両面性を帯びている。中國との交流で両面性を立腳點とすることが、日本の戦略的な選択かつ現実的なニーズであることは間違いなく、小異を殘して大同を求めるという見地からも非難されるべきことではない。しかし日本の両面性には最近、一辺倒の不均衡が生じている。中國に対する姿勢の柔軟性の把握と強硬な姿勢のアピールにおいて、経済界の利益を顧みず、強硬な姿勢を示す方向に狂奔している。地政學的制約と隣國との協力の判斷において、友好交流の呼び聲を無視し、地政學的な圧力とけん制に重きを置いている。両面性の天秤が負の側に急激に傾き、社會で中國に対する悪印象が漂い続けるなか、日本の対中交流は客観性と理性的な判斷を失っている。中國に対する姿勢が、互恵とウィンウィンという時代の流れからますます遠ざかっている。


      1  2  >  


      TwitterFacebookを加えれば、チャイナネットと交流することができます。
      中國網アプリをダウンロード

      日本人フルタイムスタッフ募集    中國人編集者募集
      「中國網日本語版(チャイナネット)」の記事の無断転用を禁じます。問い合わせはzy@china.org.cnまで
       

      HoMEmenuCopyrights 2015.All rights reserved.More welcome - Collect from power by english Blok number sss85786789633111 Copyright