泰国三级网站

    1. <form id=MkuTFRzpK><nobr id=MkuTFRzpK></nobr></form>
      <address id=MkuTFRzpK><nobr id=MkuTFRzpK><nobr id=MkuTFRzpK></nobr></nobr></address>

       

      脆弱な流れに回復の兆し 2015年中日関係の大きな出來事

       

      中日関係は2015年、雙方の努力により膠著狀態を抜け出し、回復の流れを維持した。しかし同時に、両國関係における敏感性?複雑性が依然として際立っており、改善の流れは脆弱だ。正常軌道回帰は、まだ遠い先の話だ。とは言え、中日両國民の子々孫々の世代に至る友好は、両國の根本的な利益、アジア太平洋?世界の発展と繁栄の需要に合致する、両國政府および平和を愛する各界の関係者に共通する願いである…

      政府部門間の交流

      王毅外交部長は発言で、ホスト國?韓國が會議の開催に払った努力に感謝の意を表した上で、「今日の會議開催は、遅くなってしまったが、得難いものでもある。だから、より一層このチャンスを大切にし、経験と教訓を真剣に反省、総括し、実際の行動で3ヵ國を悩ませる問題と障害を乗り越えなければならない。3ヵ國の健全かつ持続可能な発展を共に推し進めてほしい」と期待を寄せた… 全文へ



      習近平主席が安倍首相と會見

      習主席は、「中日関係を処理する大原則は、中日の4つの政治文書の精神に厳格に従い、両國関係が正しい方向に発展することを確保することだ。雙方が昨年取りまとめた、4つの合意事項がこの思想を反映している。歴史問題は中日関係の政治基礎に関わる重大な問題だ。日本はアジアの隣國の懸念に真剣に向き合い、歴史を正視しているという積極的な情報を対外的に発信してほしい」と述べた… 全文へ



      中日友好交流大會 習近平主席が重要談話を発表

      中日友好の基盤は民間にあり、中日関係の前途は両國民の手に握られている――習近平國家主席は5月23日夜、中日友好交流大會で重要な談話を発表した。習主席は中日関係の改善?発展の根本的な著眼點を示し、両國の各界および國際社會に向け、中國政府の中日友好に取り組む明確な姿勢、両國関係の発展に責任を負う態度を示した… 全文へ



      「アジアとの和解」という態度が欠ける安倍談話

      內閣総理大臣の安倍晉三氏は、多くの場所で様々な話をしている。「侵略の定義は存在しない」、「慰安婦に強制性はない」などだ。バンドンやワシントンなど、安倍氏が國際社會の注目する舞台で演説した際、日本が行った戦爭を侵略戦爭だと言わず、植民地支配に対する謝罪もしなかった。安倍氏は「反省」という言葉を使ったことがあるが、日本が侵略戦爭を起こし、植民地支配を行ったことに「痛切な反省」をしているのではなく、人類社會が戦爭一般に対する反省という意味だった… 全文へ



      中國人民抗日戦爭ならびに世界反ファシズム戦爭勝利70周年

      世界反ファシズム戦爭に參加した世代の人々はほとんどが高齢で、歴史の証人は減り続けている。あの悲慘な戦爭に対して共通の理解を持ち、人類共通の記憶を形成することが極めて重要だ。中國の抗日戦爭は世界反ファシズム戦爭を構成する重要な一部であり、國家、國際、そして「國境を越える」という3つのレベルで中國の犠牲と貢獻を理解することができる。中國にとって1930、40年代の抗日戦爭は國家の存亡に関わり、その勝利は中國史の重要な転換點となった… 全文へ



      第11回北京?東京フォーラム

      第11回「北京―東京フォーラム」は実りの秋に正式に幕を開いた。500名以上の両國各界の有志らが一堂に會し、中日関係発展の大計を話し合う。このフォーラムの主催者である中國外文局を代表いたし、フォーラムに出席された皆様、特に日本からお越しの方々に心より歓迎の意を表す。また、蔣建國部長、國務院新聞弁公室、外交部、福田康夫元首相、明石康理事長及び日本各界の方々からの本フォーラムへの多大な支持に深く感謝いたす… 全文へ



      中日韓首脳會談 李克強総理が安倍首相と會見

      (一)政治の相互信頼水準を高め、地域の平和と安定を維持する。相互信頼の前提は、歴史問題を含む重大問題の共通認識の形成だ。3カ國は歴史を鑑とし未來を見據える精神に基づき、歴史の関連問題を適切に処理するべきだ。3カ國は地域の平和?安定の維持という重責を擔い、政治?安全および経済発展という「2つのタイヤ」を共に回転させ、平和と協力により安全と発展の環境を構築し、地域の安全と発展を実現するため良好な雰囲気を醸成するべきだ… 全文へ



      中日與黨交流協議會第5回會議

      全国政治協商会議主席の兪正声氏は12月4日に北京で、中日與黨交流協議會第5回會議に出席するため訪中した日本の与党代表と会談した。両国の与党による対話が6年ぶりに再開されたが、安倍政権がこのタイミングを選んだ理由とは何だろうか。この問題については、日本国内の政局を見据え分析していく必要がある。安倍晋三首相は就任後、改憲を「歴史的使命」としており、改憲に必要な議員を集めるため全力を尽くしている。集団的自衛権の行使容認を求める国会の投票において、30数人の議員を擁する公明党も重要な力を発揮した… 全文へ



      訪日中國人の爆買

      中國の國慶節に伴う大型連休(1?7日)が終わった。期間中の各地の店舗は中國人の買い物客らでにぎわいをみせた。中國経済の先行き不透明感から消費減速への懸念もあったが、ふたを開けてみれば好調で「爆買い」意欲は健在のようだ… 全文へ



      中國における日本企業

      トヨタ、ホンダ、日産、マツダなどの日系自動車メーカー大手が、このほど相次いで4月の中國での新車販売データを発表した。日産ブランドを除くすべてのブランドが上昇傾向を示し、特にホンダは前年同月比11.7%の増加、マツダは同37.4%の増加と、2けたの伸びを達成した… 全文へ



      HoMEmenuCopyrights 2015.All rights reserved.More welcome - Collect from power by english Blok number sss85786789633111 Copyright